赤ちゃんが欲しいと思ったら摂り始めたい栄養素とは?

栄養について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊活している・していないに関わらず、自分の体を健康に保つことは大切なことです。これまでは仕事や人付き合いを優先していて、日々の食事が疎かになりがちだったかもしれません。ここではそんな生活を改善する第一歩として、妊娠を望み、赤ちゃんを育てていくプレママ予備軍の方たちに知ってほしい大切な栄養素とその摂り方について解説します。

「5大栄養素」をきちんと摂りましょう

健康な卵子と精子を育てるために欠かせないのが、タンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミンの5大栄養素です。これらは、卵子や精子の材料であり、どれか1つでも不足すると、受精卵が成長するための環境が損なわれて生殖機能が低下してしまいます。これは妊娠を目指す女性だけでなく、パートナーの男性にもいえることです。

<タンパク質を含む食品>
赤身の肉/とりささみ/かつお、まぐろなどの魚、ほか
<脂質を含む食品>
牛肉/ナッツ類/サラダ油、ゴマ油などの食用油、ほか
<糖質を含む食品>
白米/食パン/うどん/ジャガイモ/とうもろこし、ほか
<ビタミンを含む食品>
レバー(ビタミンA)、まぐろ(ビタミンD)、玄米(ビタミンB1)、しじみ(ビタミンB2)、ほか
<ミネラルを含む食品>
黒ゴマ/ワカメや昆布などの海草類/麦茶、ほか

タンパク質、脂質、糖質は、普段の食事から比較的摂りやすいとされていますが、とはいえ十分な量を日々摂り続けるには、積極的に意識して食べるものを選んでいく必要があります。毎回の食事にそんなに時間を掛けて悩んでいられない、という方は、サプリメントの活用を検討してみてください。その際に、マルチビタミン・ミネラルのサプリメントの中でも、特に女性の妊娠準備期間に摂取することを目的として作られている、プレナタル*サプリメント(*妊娠準備期間)を選ぶと、必要な栄養素の種類と摂取量を手軽に摂ることができるでしょう。

葉酸は授かる前から摂取して

妊活中からこれから授かる赤ちゃんの健康を考えた時に、特に摂っておきたいのが “葉酸”です。厚生労働省の難治性疾患克服研究事業、研究班である葉酸普及研究会のサイトでは、このように葉酸の必要性が書かれています。

葉酸は細胞の増殖、臓器の形成に不可欠の役割を果たしています。したがって母親の子宮内で赤ちゃんが大きく成長する時期には、葉酸の必要量が非常に増加します。葉酸が不足すると、二分脊椎、貧血、胎盤早期剥離、流産などが発生します。
引用:http://yousan-labo.jp/faq/

サイトでも紹介されている神経管閉鎖障害のひとつである二分脊椎症(二分脊椎症について詳しくはこちら:二分脊椎症って知っていますか?)は、母体の葉酸不足が原因のひとつとされていて、海外では主食となる食品に葉酸を添加することが法令で定められていたり推奨されている国や地域もあります。日本では厚生労働省も2000年に葉酸摂取に関する勧告を出し、妊婦さん向けの啓発活動を推進しています。

一般的に、摂取した栄養素は体内に取り込まれてから最適な血中濃度に至るまで時間が掛かります。葉酸もこれにあてはまり、二分脊椎症の発症リスクをより低減するには、胎児の神経管が形成される妊娠のごく初期、まだ妊娠に気付く前に母胎が十分な葉酸濃度を充たしている必要があります。

葉酸摂取の開始時期

日本産婦人科学会がまとめている診療ガイドラインでは、妊娠1ヶ月前からの葉酸摂取が推奨されていることから、授かりたいと考えたその日から、葉酸をはじめとした赤ちゃんの発育に必要な栄養素を充分に摂取しておくように心掛けておきたいですね。

妊娠中に注意したい栄養素について詳しくはこちら:
プレママに気にして摂ってほしい5つの栄養素の話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PICK UP ピックアップニュース